先週は一日有給を取ってとある会社の面談へ東三河へ行った。

 

次の転職は最後だと決めているだけに、会社を受けると決めた際には自分のモチベーションを高め必ず受かるんだとの自己暗示をかけ面談に挑む。

 

あまりゆかりのない土地柄ではあったが程よい田舎具合にはほぼ満足といったところだろうか。将来の生活に期待を膨らませる。

社屋も綺麗、デザインも仕事を集中できるような要素を意識して取り込んでいるらしい。

 

しかし、面談自体は少し出鼻を挫かれた。

 

自分の重ねてきたキャリアに対しては認められた部分はあるものの、「貴方の未来像はこの会社にありますか?」との質問にうまく答えられなかった。

「なりたい自分を叶える環境はこの会社にはないかもしれない。それでも与えられる課題に対し仕事として結果を出し続けることができるのか?」

難しい問題だ。

今回の目的の一つである給与面を主とした待遇は問題なくクリアできる。それでも、やりがいは仕事を続ける上で大きな要素だ。扶養家族がいない自分は特に。

 

相互理解を深めるために、もう一度来てくださいと言われたのだがモチベーションを保ち続けることは出来るのだろうか。

 

今週も仕事で忙しくなる。結局、土日は仕事で潰れた。

未来の自分も大事だが、今ある仕事も蔑ろにできない。

 

もう寝よう。