入社意志の確認を問う連絡が来たが

自分の中で決意が固められなかったので、断ろうかと思う。

 

面談が終わった段階で、気持ちの上では7:3ぐらいで好意的に考えていたけど、後日頂いた条件面でちょっと今後のライフプランに沿わないような気がしたので諦めることにした。

会社の雰囲気や、入社した際には転居するであろう街並みとかは良かったと思うけど…

 

何だろね。

やっぱりお金かな。

10年前だったら、絶対出さない言葉だけと、今は違うんだな。

興味だけで仕事は選ばない。

自分のキャリアを安売りはしない。

もちろん、お金のあるところに対してはね。

 

と、立派なことを言えるほどでもないんだろうが、今回の転職は最後だと思っているので妥協はしない。

 

もちろん、先方が条件を見直すような流れになったら気持ちは変わるかも。

調子がいいとは言われるかもしれないが、交渉事は生き抜いて行く上で大事なことなのでそれは『あり』にしよう。

 

先日のGW中に会った友達が、今の私の収入に対し「大卒1年目の収入か?」と言ってきた。

分かってはいたが、実際言われると哀しいもんだ。

仕事の量も質も10年前より遥かに高い次元でやっているはずなのに、転職を繰り返していつコケてもおかしくない会社に転がり込んだためにワーキングプア謳歌していいる。収入もその当時からかなり減った。

 

ただ、やっている仕事の中身はそれなりだからね。ホントこういう零細企業で働いていると自分たちがこの国のものづくりの根幹を担っているんだと感じることはできる。

仕事のわりには収入も少ないし、休みも少ないけど自己満足というかプライドだけで飯食っているような状態だね。

 

ただ、そんな生活ももういいかな。

これからはもう少し自分本位で仕事をしたい。

 

 

できるだろうか…